矯正歯科治療にかかわるよくあるご質問をご紹介

矯正治療はいつから始めるの?

人によって症状が異なりますので、一概には言えませんが、永久歯がはえる前の5歳よりも前の段階では、基本的には治療するメリットよりもデメリットのほうが大きくなることが多いです。したがって、上の前歯がはえてくる頃、小学校1年生から2年生にかけて1度専門医によるお口の検査をされるのがいいでしょう。

質問一覧に戻る

矯正治療は大人になっても大丈夫?

矯正治療は、健康な骨と健康な歯があれば、治療は可能なので、成人の方でも治療は可能です。当クリニックでも現在、65歳以上の方が矯正治療をなさっています。しかし多くの方が、歯を失っていたり、骨の状態があまり良くない(歯周病)状態にあり、治療が難しくなったり、治療期間が長くなることもあります。

質問一覧に戻る

矯正治療をしないといけないの?

矯正治療は、お口の咬みあわせを改善するだけでなく、筋肉のバランスやや口呼吸、お口の機能も改善していくことがあります。また、かみ合わせの改善により、歯周病の予防や、健康な歯で食事ができ、脳を活性化することにもなります。そういったことは、高齢化社会における将来の自分自身の健康を保つという非常に大切なことや、豊かなライフスタイルをおくることにもつながっていきます。

質問一覧に戻る

装置が見えるのは嫌なんだけれども?

ふかや矯正歯科では、装置が外からみえるのが気になる方のために、外から見えないような矯正治療のご提案をさせていただいております。詳しくは舌側矯正のコンテンツをご覧になってください。また、ちょっとはえてもいいけど、なるべく目立たないような装置についてもご提案させていただいておりますので、目立たない矯正治療のコンテンツをご覧になってください。

質問一覧に戻る

装置は痛いの?

痛みは個人差が大きく、痛くない方もいれば、痛い方もいらっしゃいます。お口の中に取り外しの装置を入れる場合、痛みはあまりありません。痛みというより、和感が生じるのが一般的です。慣れるまで約2週から1ヶ月くらいかかります。また、ワイヤーを使用した治療では、装置を歯の表面につけるので、違和感が生じます。慣れるまで約2週くらいかかります。ワイヤーの力によって歯が移動していくのですが、現在では、痛みを感じにくいワイヤーを使用していますので、もし痛みが出ても2日から3日、食事のときに痛みを感じる程度が一般的です。

質問一覧に戻る

ご飯は食べることができる?

ワイヤーを使用した治療では、ワイヤーを新しくしてから1日2日程度、お食事のとき痛みを感じることがありますので、やわらかいものをとって頂ければよろしいかと思います。基本的には普段と同じ食事をされても問題ありませんが、装置が歯についていますので、硬いもの、例えば梅干の種や硬いおせんべい、バゲットなどはおひかえになってください。また装置の間に食べ物が詰まりやすくなりますので、食事をしずらくなることもあります。さらに、粘っこいべ物は、歯の移動が遅くなりますのでお控えになってください。

質問一覧に戻る

治療期間は長いの?

治療期間は患者さんそれぞれ違います。目安としてはまだ乳歯が残っている場合は永久歯がはえそろってから2年くらい、中学1、2年生くらいまででしょうか。大人の治療の場合、治療期間は約1年6ヶ月から3年6ヶ月とかなり幅があります。

質問一覧に戻る

治療費は高いの?

歯科矯正治療は基本的には(口唇口蓋裂、顎変形症、特定先天異常を除く)保険が適応されませんので、自費扱いになります。ただし、医療費控が適応になりますので、所得税の控除をうけることができます。当クリニックでは、一般的な治療費(舌側矯正を除く)の合計額が約150000円(税抜)から800000円(税抜)くらいとなっており、1月から12月までの支払額の合計が100000円(税抜)を超えた場合(内科など他の治療分や、他のご家族の治療費分の総治療費を含めて)、医療費控除を受けることができます。当クリニックでは控除額が20000円から350000円くらいとなっているようです。ただし、他の減税をうけている場合控除額が少なくなりますので、ご相談してください。

質問一覧に戻る

治療費は分割が可能?

当クリニックでは治療費は基本的に分割でお支払いになっていただいております。ご希望があれば支払い回数を増やすことができます。またそれにかかる利息等はいただきません。具体的には治療費、支払方法のコンテンツをご覧になってください。

質問一覧に戻る

虫歯にならない?

当クリニックではmissionでも明記しているようにできるだけ虫歯を作らないようなプログラムをとっています。ただし患者さんの協力もとても大切なことですので、ご協力をお願いしております。

質問一覧に戻る

装置がとれたときは?

装置がとれたときにはすぐご連絡してください。時間の調整をしまして、お約束の時間をとらせていただいております。できるだけ、そのときに装置のつけ直しをさせていただいております。当クリニックでは何週間も装置が取れたまま、ワイヤーがあたって痛いままということはありません。

誰でもリンガルシステムで治療できるのですか?

ほとんどの方は治療できます。治療できない場合はごくまれです。

質問一覧に戻る

リンガルシステムの治療費は高いですか?

外側につける装置よりも高いです。リンガルシステムでの治療には特別な装置と診断能力、技術が必要だからです。表側の装置と比較して、ふかや矯正歯科では約200000円(税抜)から400000円(税抜)くらい装置料が高くなります。

質問一覧に戻る

外側につける装置より治療期間が長くかかりますか?

いいえ、治療期間は外側につける装置とほぼ同じです。逆に咬みあわせが深い方などは、早く治ることが多いです。がたがたが多い場合などは最初に装置をつけることができない場合があります。そのような場合は、少しお時間がかかる場合もあります。

質問一覧に戻る

外側につける装置よりも違和感が大きいですか?

外側は頬と唇にあたり、リンガルシステムは舌にあたります。個人差はありますが、2~4週間で慣れます。また他の装置でもそうですが、最初は話しにくくなります。ただ、それもほとんどの患者さんにとって、一時的なことが多いです。

質問一覧に戻る