矯正歯科治療を始める前に

一般的に、矯正歯科治療の成果は、患者さんのご理解と御協力によって得られます。したがって、矯正治療を考えている人すべてに、ここに書かれているものと同じような御案内が提供されます。健康的な歯とすばらしい笑顔がもたらす恩恵だけでなく、矯正歯科治療における限界と潜在的なリスクについても御承知下さい。治療の取り消しがなされるほどの重大な事態は滅多に起こりませんが、治療を受けるかどうか決定される際には、まずよくお考え下さい。治療施術全般にいえることですが、矯正歯科治療は、普通計画に沿って治療がおこなわれますが、結果についての完全な保障はできませんし、すべての結果をあらかじめ完全に予測することはできません。

矯正治療は口腔衛生を改善しますし、美しく健康的な笑顔のために歯と顔のバランスやハーモニーをつくるにもたいへん役立ちます。患者さんそれぞれの現在のコンディションや生まれつきの原因による治療制限のため、すべての人々に一定の利益を与えることはできません。いかなる矯正歯科治療であっても、患者さんの治療に対する反応までは計ることはできないのです。

矯正歯科治療の目的

矯正歯科治療は歯に力を加え、調節を行い、咬み合わせを改善します。これにより、咀嚼のように毎日繰り返し行われる行為が原因で生じる外傷を防ぎます。矯正歯科治療によって、咀嚼力は口腔のいたるところへ分散され、骨や根、歯周組織、顎関節のストレスを最小限にとどめることができます。また、潜在的な歯科の問題を軽減することができます。正しい口腔衛生法や患者さん御自身にあった口腔衛生法を用い、歯や歯肉を早期から矯正治療などのケアを行うことによって、将来、歯や歯周組織の問題を軽減することが可能になります。

不正咬合の種類 ~自分の歯並びと照らし合わせてみてください~

1.叢生(そうせい)

上下の歯が傾き、歯並びがデコボコしている。八重歯も叢生の一種。

2.上顎前突(じょうがくぜんとつ)

出っ歯。上の歯が前に突き出ている。上顎全体が出ている場合もある。

3.反対咬合(はんたいこうごう)・(下顎前突・かがくぜんとつ)

受け口。下の歯が前に突き出ている。下顎全体が出ている場合もある。

4.上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)

上顎前突と反対咬合の混合。ひどいと唇がしっかり閉じないこともある。

5.すきっ歯(すきっぱ)

歯と歯の間が広く開いている。

6.開咬(かいこう)

口を閉じた時に、上の歯と下の歯の間にすき間ができる。発音に影響することもある。

7.交叉咬合(こうさこうごう)

上下の歯列の一部が互い違いになっている。

8.過蓋咬合(かがいこうごう)

上の歯列がフタのように下の歯列を覆っている咬み合わせ。