目立たない矯正

矯正装置への視線にサヨナラ!

矯正装置というと、歯の表側にびっしり取り付けられていている口元を思い浮かべますよね?
歯並びは直したいけど、あの装置を長期間付ける勇気がない……なんてことはありませんか?

今日では矯正技術も飛躍的に進歩し、目立たない矯正方法も出てきています。治療方法として挙げられるのが、「舌側矯正(別名:裏側矯正、リンガル矯正)」と「マウスピース矯正」。それぞれ単独で用いたり、両方を組み合わせたり、また表側矯正と併用したりと、お口の状況によって最適なパターンが考えられます。

※「ふかや矯正歯科」では、メインに裏側矯正を、補助としてマウスピース矯正を行っています。

メリット
  • 1、 審美性が最も優れている
  • 2、 患者さんの心理的なストレスの軽減
  • 3、 社会的な制約をもつ成人の患者さんに、矯正治療の機会を提供することが可能
  • 4、 矯正治療中、唇の位置を正確に確認しながら治療を行うことが可能
  • 5、 歯の外側の虫歯のリスクが少ない
  • 6、 スポーツなどによる外相の危険性が少なく、唇側装置が邪魔な楽器に適している
デメリット
  • 1、 装置装着初期において、舌などの不快感、痛みなどがある
  • 2、 歯の裏側の歯肉炎が起こりやすい
  • 3、 下の歯との接触があり装置が外れることがある

セラミックブラケット+ホワイトワイヤー

目立たない矯正治療の中で、もっとも効果が高い方法が「セラミックブラケット+ホワイトワイヤー」です。当院では、歯の表面に付けるブラケットを目立たないセラミックにし、ブラケットに通すワイヤーには金属を使用したタイプと、セラミック製のブラケットを用いつつ、ワイヤーも目立たない白いものを使用したタイプをご用意しています。効果は変わらないものの、目立つ度合と金額が異なりますので、患者様のお好みでお選びください。

メリット 1、矯正効果が高い
2、比較的矯正期間が短い
デメリット 1、完全に見えないわけではない
2、コーティングが剥げてくる場合がある

インビザライン

取り外し可能、かつ目立たないのにプラスして、歯型の採取が一度で済む矯正方法が「インビザライン」です。治療開始時から完了時までの歯の動きをコンピュータ上でシミュレーションし、治療開始時にすべての付け替え用のマウスピース(約2週間ごとに新しいものへと交換)を作製するため、治療がスムーズに進みます。

インビザラインは、世界中で採用されている矯正方法。あなたも、スムーズに理想的な歯並びを手に入れませんか?

メリット
  1. 透明なので、目立たない
  2. 食事やブラッシングの際に取り外せる
  3. 他の矯正装置に比べ、製作期間が短い
  4. 痛みがほとんどない
デメリット
  1. 決められた装着時間(1日あたり17~20時間)を守らないと効果が出ないことがある
  2. 適応できない症例もある
装置 の特性

インビザライン・システムは、米国アライン・テクノロジー社(以下、「アライン社」)によって開発された、着脱可能で、目立たない、医療用熱可塑性樹脂で作製されるアライナーを用いた矯正システムです。段階的にアライナーを装着していくことによって、少しずつ歯の位置が動いていくようにデザインされています。インビザライン・システムにおいては、歯科医の診察と処方をアライン社独自の 3 次元治療計画ソフトウェア(以下、「クリンチェック・ソフトウェア」)と組み合わせることにより、望まれる歯の移動方法を示す治療計画が策定されます。治療計画が歯科医によって承認されたのち、それぞれの患者様の治療内容に即したインビザライン・アライナーの製造が開始されます。

日本国の法律への遵守

日本ではインビザライン・アライナーの材質について、薬事法上の許認可を取得しておりますが、製品それ自体は、薬事法上の医療機器及び歯科技工士法上の矯正装置には該当しないため、日本国内での臨床試験は行っておりません。しかし、東京都から、インビザライン・アライナーについて米国から輸入・販売し、使用することにつ いては法令上問題ないとの判断を得ています。

治療過程

患者様は X 線写真や写真撮影を含む、通常の矯正治療と同様の検査および診断を受けます。歯科医は患者様の歯の印象を採得し、治療計画書とともにアライン社へ送付します。アライン社の技術者は歯科医から提出された治療計画書の内容に従い、クリンチェック・ソフトウェア上にて治療モデルを作成します。クリンチェック・ソフトウ ェア上の治療計画の承認を歯科医より得たのち、アライン社はカスタマイズされたアライナーを製造し、歯科医に送付します。

治療に必要なアライナーの数は、歯科医の治療計画内容によって異なります。アライナーには個々に番号がつけられ、使用上の説明とともに歯科医より患者様に手渡されます。歯科医から別途特別な指示がない限り、患者様は食事、ブラッシングやフロス時以外、1 日 20 時間以上を目安に装着することが推奨されます。歯科医からの指示に従い、約 1~2 週間ごと(歯科医の判断により装着期間が異なる場合がある)に次のアライナーに切り替えていきます。治療に要する期間は歯科医の治療計画内容によって異なりますが、歯科医より別途特別な指示がない限り、最低でも 4~6 週間ごとに受診をされることが望ましいです。場合によっては、歯の移動を促進させるため、治療中に歯にアタッチメントを接着すること、および/もしくはエラスティックを装着することが必要となる可能性もあり審美性に影響する場合があります。また、患者様によっては、当初の一連のアライナーの装着に加えて、さらに仕上げのために追加アライナーの装着を要する場合もあります。

Step01 初診時には、治療計画を作成するために写真、レントゲンおよびデジタルスキャンまたは歯型をとります。
Step02 アライン・テクノロジー社が独自に開発した3D治療計画ソフトウエアを使用し、患者様の歯科記録に基づいてカスタマイズされた3Dの治療計画を作成します。この3Dの治療計画では、予測される最終的な歯並びが表示されるほか、おおよその治療期間も提示されます。
Step03 カスタマイズされたアライナーが製造され、医院に届きます
Step04 アライナー(通常は2-3セット)を受け取ります。毎日装着していただき、1週間~2週間ごとに新しいアライナーに交換します。
Step05 約4~6週間ごとに受診し、治療の進捗状況の確認および、次のアライナーのセットを受け取ります。
Step06 治療が完了し歯並びが整ったら、一定期間は保定装置を装着して元の歯並びに後戻りするのを防ぎます。

3次元シミュレーション

3次元シミュレーションは欧米で近年スタンダードとなってきている新しい矯正治療の検査です。顔全体を立体的にスキャンして治療を行う、デジタル技術を使った次世代の歯列矯正システムです。

この3Dデータであらゆる角度からあなたの歯並びを見ることができます。これまで目視、レントゲン、歯科用 CT でも出来なかった質の高いシミュレーションで矯正専門医による最善の治療計画を立てることが可能となります。